【前撮りしてきました】結婚式の前撮りをしないと後悔する?前撮りが必要な人とは

結婚
スポンサーリンク

■本記事には、プロモーション(アフィリエイト広告)が含まれています■

先日、結婚式の前撮りをしてきたみさちゅーです。

正直最初は
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”IMG_3458.JPG” name=”みさちょ”]お金もかかるし、結婚式の写真だけでも良いかも[/speech_bubble]

と思っていましたが、

前撮りの後には
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”IMG_3458.JPG” name=”みさちょ”]前撮りしてよかった![/speech_bubble]と思えましたので、
今前撮りが必要か悩んでいる方が参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

結婚式の前撮りは必要?

結婚式の前撮りをして感じたメリットを元に、前撮りが必要だと思われる人をピックアップしました。

これからご紹介する項目に当てはまる方は、前撮りをしないと後悔してしまうかもしれません。

前撮りが必要な人①理想のシーンがある!

前撮りなら撮影のみに集中できるので、理想のシーンを写真に残せます!

結婚式やウェディングドレスと聞いて憧れるシーンと言えば
「お姫様抱っこ」や「チャペルでのキスシーン」など、
いろいろなシーンがありますよね♡

でも、結婚式は細かいタイムスケジュールの中で進行されますので、
予定がおしたり、当日の緊張で結婚式当日には思ったような表情やポーズが取れないことがあります。

しかし、前撮りは

写真撮影がメインのイベントなので撮影に集中できる
プロの方に撮影してもらえる

ところが結婚式と違って良いところ。

ウェディングドレス姿や旦那さんのタキシード姿の写真をゆっくり撮影してもらう機会は
前撮りの機会を設けないと得られませんよね。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”IMG_3458.JPG” name=”みさちょ”]4年間付き合っていても旦那さんがシャイでツーショットがあまりなかったので、たくさん写真を残せてうれしかったです!
[/speech_bubble]

前撮りが必要な人②2人の写真が少ない人

結婚式のオープニングビデオやプロフィールビデオでは、新郎新婦の写真を使う機会が多いです。
このため、スピード入籍をした場合などこれまでツーショットが少ないカップルは使える写真がなくて困ることがあります。

しかし、前撮りには

・2人の思い出の地など好きな場所で撮影してもらえる「ロケーションフォト」
・どんな天気でも撮影してもらえる「スタジオフォト」

などのタイプがあります。

より多くのパターンで前撮りをしておくことで、プロフィールムービーに使えるデータを増やせますよ。

また、撮影データを使って

・ウェルカムスペースの装飾
・プロフィールペーパー(2人のプロフィールをまとめて当日配布するもの)

などにも活用できます。

前撮りが必要な人③ウェディングドレスをたくさん着たい人

結婚式の前撮りは「2人の初々しい様子を写真に残すこと」が目的ですので、
予算さえあればたくさんの衣装を着て、より多くの写真を残せます。

結婚式では写真を残すよりも新郎新婦とゲストとの時間を確保することが重視されますので、
1着から2着のウェディングドレスしか着れませんが、
前撮りをすれば着たいと思っていた憧れのドレスをたくさん着られます。

結婚式の前撮りが必要かどうかは人それぞれ!

今回は、実際に経験して分かった結婚式の前撮りが必要な人をご紹介しました。

結婚式の前撮りには、理想のシーンを写真に残せたり、2人の写真を増やせるなどさまざまなメリットがあります。
今回ご紹介した項目に当てはまってる!という人は、ぜひ結婚式だけでなく前撮りもされてみてください。

でも、ここで忘れはいけないのが、結婚式の前撮りは「ご夫婦がメインのイベント」だということです。
最終的には旦那さんとも話し合って前撮りをするかどうかを決めるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました