【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?日直・当直編

【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?日直・当直編

2013年4月〜2018年3月まで裁判所事務官として勤務し、現在はライターをしているみさちゅーです。

勤務当時の情報にはなりますが、裁判所事務官志望の方はもちろん、公務員試験を控えている方・裁判所の中の人のことを知りたい方に向け、裁判所職員の内部事情や仕事内容などをご紹介するこのシリーズ。

第6回目は、裁判所事務官が行う日直・当直の仕事についてご紹介します。

なお、これまでの連載はこちらです。
・第1回:【元裁判所事務官が内部事情を詳しく紹介】職場環境はどんな感じ?
・第2回:【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?電話対応編
・第3回:【元裁判所事務官が詳しく紹介】退職後のキャリアプラン
・第4回:【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?書類作成編
・第5回:【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官のバッググラウンドは?

日直・当直が回ってくると、公務員なのに土日祝出勤が必要

日直・当直制度を設けている庁に配属された場合、土曜日・日曜日・祝日が出勤日になることもあります。

順番に担当が回ってくるので、毎週ではありません。

日直は、平日同様に8:30~17:00までの勤務。当直は、日直とバトンタッチする形で17:00~8:30が勤務時間です。なお、当直は平日も実施されています。

日直・当直の仕事内容は?

日直・当直は、裁判所事務官と裁判所書記官が割り振られます。

主に裁判所書記官の指示を受けながら、弁護士や警察などから出される書類の受付などを行います。

日直の場合は、郵便物の処理も裁判所事務官の仕事です。部署別の振り分けが主な業務。普段は別の部署が行う仕事ですが、週明けに郵便物をスムーズに割り振れるよう、日直の裁判所事務官が行っています。

変わってくれる人がいれば、交代や「交換」もできる

変わってくれる人が見つかった場合は、交代をお願いすることも可能です。

交代をお願いしたい方と担当日を交換することもできるので、適宜相談してみましょう。

日直・当直を積極的に交換・交代してくれる方がいる場合も

日直・当直を受けると手当がもらえるため、庁のなかには、日直・当直を積極的に受けてくれる方がいらっしゃる場合も。

お子さんがいらっしゃり土日祝日は時間がとれない方・日直や当直はすすんで受けたくないという方は、日直・当直を積極的に受けてくれる方によくお願いしていました(私もそうでした)。

日直・当直を積極的に受けてくれる方は、庁のなかでは知られた存在。これから入庁予定の方は、上司や同僚との会話の中で、さらりと聞き出してみてくださいね。


【裁判所事務官の仕事について詳しく知りたい方におすすめの1冊】

法学書院編集部から出ている「裁判所事務官・裁判所書記官の仕事がわかる本(公務員の仕事シリーズ) 」です。

裁判所事務官の1日の流れや、民事・刑事・家事(家庭裁判所関連)手続きで行う裁判所書記官の仕事などについて紹介されています。

発行年度は少々前になりますが、求められる人物像や合格体験記なども掲載されており、特にこれから裁判所事務官を目指す方におすすめです。

入庁後のイメージを膨らませることで、受験勉強のモチベーションを上げたいときにも役立つでしょう。

裁判所事務官の仕事がわかる本を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

【関連記事】

■裁判所事務官時代のことをまとめた記事になります。

(1)職場環境について
【元裁判所事務官が内部事情を詳しく紹介】職場環境はどんな感じ? | てげてげわーくす
【公務員辞めました】公務員になるなら知っておきたい!職場が体育会系にぴったりでしんどかった話:裁判所事務官として勤務するなかで、体育会系の職場にあたった際の出来事を中心にご紹介しています。

(2)仕事内容について
【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?電話対応編 | てげてげわーくす
【元裁判所事務官が詳しく紹介】裁判所事務官の仕事内容は?書類作成編

(3)退職後のキャリアについて:【元裁判所事務官が詳しく紹介】退職後のキャリアプラン

■裁判所事務官の職場環境について詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。


裁判所事務官時代のことカテゴリの最新記事